2011年06月11日

遠回りをしてお金を求めないのが、イコールお金になる。「自分ブランド塾」

自分ブランド塾は、孔子の話から始まりました。
「貧しいけど、道を楽しむ」
「お金持ちだけど礼を知る」
マイナスからプラスになるのがブランドです。
欠点がありませんは、モテるブランドにならないのです。
私なら
「さりげないのに、エロがある」
「さりエロ」と略すとどうかと考えました。
「ツンデレ」ツンとしてるのに二人の時はデレっとしてる。
「コくキレ」コクがあるのにキレがある。
のようにです。
最後のお題が
「○○は、後から付いてくる」
でした。
自分ブランドを作って、見返りを焦ってはいけないととらえました。
そのブランドはお客様から支えられるものであると感謝したいです。
今日も深い学びでした。      
                          泉より。
P.S.
○○なのに、○○するのはかっこいい。
大人なのに、アート塾で子供にかえって楽しんでるのは、カッコイイ。

posted by izumi at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 中谷塾レポート

2011年06月10日

好きな講師だと、習い事も楽しく続けられる。NOVA

NOVAで、Routine についてお話をしました。
講師は、大好きなクリスです。

今回のテーマは、「先週の週末何してた?」から始まります。
「えっと〜〜、そうだ素美子塾だ」と、思い出すのに時間かかりますね。
文んのつなぎ目に入れる言葉。
Pausing naturallyは、日本語で言う「えっと、あの〜〜」です。
英語では、「um....,let's see....,ah...」でといいます。
例えば、
Did you have a busy weekend?
Ummm...I did my housework.
And then I went down to the shops.

が、ナチュラルな会話ですね。
そのほかには、略語を教えてもらいました。

T.G.I.F→Thank God iT'S Friday!
週末は、世界共通で嬉しいものです。

日本で言う花金です。あ、古いかなハナキンって。
catch up   は、 一週間にまとめてやる。
fall behind  は、毎日きちんとやる。
私は、毎日やりたいけど、週末にやらなければならないね。
During the week I fall behind in my washing so on my day off I have to catch up.
I am spontaneitous. 私は自発的です。
I like spontanity.私は、自発的が好きです。
routineに縛られるのは、嫌だけど、なかなか決めないとできないしね。

                               泉より。
P.S.
クリスがペンを貸してくれました。いつもより、手と顔が、熱くなりました。

posted by izumi at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | NOVAレポート

2011年06月09日

たった一人、読んでくれるだけで続けられるブログ。「竹虎さんのブログ紹介」

中谷塾で知り合った、竹虎さんのブログを紹介します。
中小企業診断士をしています。
竹虎さんが、私のブログに、はじめてコメントをしてくださったのです。

私が放置していたブログ。
まじめに書きはじめて、約2カ月が過ぎます。
書きはじめたきっかけは、「ブログ塾」です。
中谷先生から、アドバイスをもらいました。
『1人の人のために書く。1人読んでくれる人がいたらいい』
それを意識して、手紙を書くように書いてみました。
たった一人の読んでくれる人に出会えたのが、うれしかった。
中谷塾で何度かしか、お会いしていないのに。
竹虎さんは、私のブログを読むだけでなく、
ブログのシェアまでしていただきました。
グチ、悪口、噂話を書くとアクセス数は上がります。
それをしていないのが、竹虎さんのブログです。
専門的なことも、丁寧な切り口で、書いているところが好きです。
感謝を込めて、シェアさせていただきます。↓

http://blog.livedoor.jp/dokuritsunikki-keieibunseki/


                                         泉より。
P.S.
お互いに、ブログシェアできる仲間に、感謝ですね。あなたのアップ楽しみです。
posted by izumi at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | izumiのブログ

2011年06月08日

赤ちゃんの肌に触れるよおうに、絵肌を触るといやされる。「色面とマチエール(絵肌)」@ブリッジコーポレーション

saeちゃんがお休みだったので、二人で描くカリキュラムから、
オイルパステルを塗るだけのシンプルな、「色面とマチエール(絵肌)」にしました。

ピーターレイノルズの絵本「っぽい」を朗読。
大人のお絵かき教室の始まりです。
ここから、アバンチュール小林さんは、童心にタイムトリップ。
魔法の粉「ベビーパウダー」登場で、もう一ステップ若返り。
「懐かしい、シッカロールだ」と、うれしそうなアバンチュールさん。
赤ちゃんのころの記憶がよみがえります。
お風呂から出ると、バタバタと粉まみれになりました。
あの記憶が、一番小さい時の「共通の記憶」だなと感じました。
ブリッジの会議室が、シッカロールの甘い香り色です。
夢中になって、描いた後、絵肌をそっと触ってもらいました。
「触って感じる絵に、もうひとつの感じる自分を発見できた」

と、アバンチュールさんがつぶやきました。
「もっと感じます」と、もう一言付け加えました。
赤ちゃんから、大人に戻ってきた言葉ですね。
                              泉より。
P.S.
好きな人を触るように、感じるところをなぞってね。感じたところをじっと、見つめてね。↓


http://www.facebook.com/media/set/?set=a.179691365417480.53722.156964341023516&l=52a7b8da3f

2011年06月07日

トライするから、失敗に巡り合える。


やってみて失敗に気づきます。
ソーシャルネットワークで、集客するための勉強会に行ってきました。
facebookで知り合った、鈴木琢磨さんの主催です。
「最後に、勉強会の感想をひと言」
えええ、と思いつつ、気軽にノートパソコンの画面に向かいました。
どうせ編集とかするのかなと軽ーく考えてました。
甘かった。
次の日、ノーカット版で鈴木さんが動画をアップしてくれました。
さっそく見てみます。
見ていられません。
みてすぐに、恥ずかしいのなんの。
何を言ってるのか、何を言いたいのかがさっぱりわからない。
頭はぐらぐら、目線もままならないで、消したくなります。
もう、どうにもならない。
YouTubeでもでてます。
出てしまったものは仕方ない。あきらめました。
けど、やってよかった。
自分の、癖を知って、また次にトライです。
よかったら、私の初動画見届けてください。
笑ってくれるあなたがいて、よかった。
                      泉より。
P.S.
また、素美子塾で、やるテーマが見つかりました。よっしゃ。↓ダサイ泉を見届けてね。
http://www.facebook.com/l.php?u=http%3A%2F%2Fwww.youtube.com%2Fwatch%3Fv%3DBe4AQunnOVk&h=616a5
posted by izumi at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | izumiのブログ

2011年06月06日

失敗した話は、乗り越えているから笑える。

facebookを、よくわからないまま、やってます。
ツイッターと同じSNSですが、本人の顔写真が出ます。

日々のやり取り中で、お気に入りの方も出てきますね。
私のちょっと気になってる「○○さんのお誕生日です」と、お知らせが来ました。
すぐに、その方のページへ
「お誕生日おめでとうございます」と、メッセージを入れました。
ところが、PCの調子が悪くなかなか反映してくれません。
何度もEnterキーを押したのですが、あきらめてPCをクローズ。
数時間後、その人のページをみてみると、
9行にわたって、私の「お誕生日おめでとうございます」が書きこまれています。
その私の顔写真と、メッセージがページを埋め尽くしているのです。
変態かストーカーとしか思えませんね。
顔がカーッと熱くなりました。
慌ててコメントを削除。
ひとつだけメッセージを残して、「ごめんなさいなれなくて」と添えました。
今となっては、笑えますね。
楽しい失敗です。
                           泉より。
P.S.
今日も小さな失敗を、楽しもうね。


posted by izumi at 06:36| Comment(0) | TrackBack(0) | izumiのブログ

2011年06月05日

また行きたくなる塾は、遅れるのがもったいなくなる。『素美子塾・一分間スピーチ』

素美子塾に遅れてしまいました。
ブリッジコーポレーションの近くに行くと、笑い声が聞こえます。
悔しかった。
もう、盛り上がってるのです。
映画館で、予告編と冒頭が見られないのと同じ気持ちになりました。
これこそ、今日のお題の「失敗した話」です。
用意していったお題をやって、これも失敗。
自分の話しが、自身が、おかしくて照れも入りました。
笑いながら、しゃべってしまいます。
ネタはいいのに、笑ってしまっては、伝わりません。
素美子さんは、
「うまく話そうとしなくていい。目の前の人と話すように話せばいい」
緊張しないスピーチの、隠し味を教えてくれます。
塾生の生の気づきが、聞けるのが、一番ためになる。
ここで失敗したほうが、お得です。                      
                        泉より。 
P.S.
あなたと一緒に映画を見ている感じで、ドキドキしました。

posted by izumi at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 素美子塾レポート

2011年06月04日

映画の予告を観ると、また映画館に来たくなる。「日輪の遺産」

映画館に行くと、予告編は見逃せません。
私は、第二次世界大戦の映画に興味があります。
オタクまではいかないけど、ちょっと、話すと止まらなくなります。
第二次世界大戦映画は、
日本ものは辛いのが多いので、できれば観たくありません。
ホラーで貞子がリアルなのと一緒です。
ハリウッド版は、客観的に観られて気が楽です。
夏上映の「日輪の遺産」浅田次郎さんの映画の予告に、引き込まれました。
浅田さんってだけで、
きっと戦争ものでも視点が違うのだろうと期待感があります。
マッカーサーの200億の、遺産を守らなければならない。
終戦すぐのころの物語。
それだけで、妄想が膨らみます。
ハリウッドより、邦画が、目が離せなくなってます。
                             泉より。
P.S.
あなたは、本を先に読んでしまいますね。ストーリー教えないでね。



posted by izumi at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | izumiのブログ

2011年06月03日

2回観に行って、2日目のほうが涙をこらえられなかった。〜映画「阪急電車」片道15分の軌跡〜

映画「阪急電車」、1回目は、一人で観ました。
想像以上に面白くて、2回目は、オットと観にいきました。

女性の人生を各駅停車に織り交ぜて描いています。
宮本信子さん演ずる、おばあちゃんが、品があって可愛いらしい。
誰も、人に言えず、「つらいな」をやりすごいている日々がある。
そんなとき、話を聞いてくれて、エールを、送ってくれる。
隣座席の、おばあちゃんがいたら、私は好きになります。

私も離婚して人に言えず、苦しかったころ。
スナック五次幻のママが、応援してくれました。
ママの「人生経験」という、薬を処方されました。
「人生、そんなに悪くないな。頑張って、も一度歩いてみよう」
と、笑顔を取り戻した日を、思い出しました。
誰にも言えず、苦しんでる人に出合ったら
「そういうことって、あるよね。気持ち、わかるわ」
と、応援します。それが、私の役割ですね。
きっと、あなたも気にいる映画です。
                       泉より。

P.S.
「神様はいます。1人だと思ったら1人じゃなかった」。
「あなたの出会いは、すべて正しい」
中谷先生の本にも書いてあったのを信じて生きて、軌跡が起こりました。
P.S.2
原作の本までアマゾンで買いました。まだ、楽しみばかり。
                          




2011年06月02日

気遣いは、サイキックだ。

いつも行くイタリアン「アルパッソ」、坂戸駅の南口にあります。

いつものように「おもしろアート塾」
の、パンフレットを置いてもらおうと、食べに行きました。
とは言っても、いいずらいものです。
お店も忙しそうだったので、落ち着いてから話そうと思っていました。
「パンフレットあったら、置きますよ」
と、アルパッソの奥さん。
しかも、さわやかな笑顔です。
言いだしづらかったのを気遣ってくれたのです。
その場で、一番目立つレジのわきに置いてくれました。
そのあとは、心おきなくお料理に夢中になれました。
きっと、言ってもらえなかったら
いつ言いだそうかと、お料理の味がわからなかったことでしょう。
「いくつか、アート塾について問いあわせもあります。いつでももってきてください」
かゆい所に手が届く気遣いに、しびれました。
サービスとは、美味しいものをよりよく感じてもらうためのもの。
超能力です。
うれしいおもてなしは、超能力を超えていました。
                                      泉より。
P.S.
業種は違っても、サイキックなサービスはおなじですね。また、勉強になりました。
posted by izumi at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | izumiのブログ