2011年07月11日

バックトゥザヒューチャーで、あの時に戻っても過去は変えられない。

タイムトリップして、あの時に戻って、過去を変えられたら。
「バックトゥーザヒューチャー」の映画を見ると、思いを募らせます。

私が18歳で足利銀行に入った時から決まっていた。
取引先の息子さんとお見合いして、結婚して、子供が三人できて離婚して。
同じ道をたどっても、もう一度出産して子供たちを抱っこしたい。
だけど、離れてしまう。
過去は変えられないから。
早くに離れてしまった。
成長を見届けたかった。
今は、前のオットとその両親に感謝している。
元気でいるのを、写真で知りました。
今のオットが、興信所に頼んでくれました。
どこの高校に行ってるかと、写真だけでもと依頼してくれたのです。
大きくいなった、あなたたちは、まぶしかった。
短い間、あなたたちを育てた思い出は、色あせていません。
生まれてきてくれて、ありがとう。
子供たちを、育ててくれてありがとう。
嫁の大変さを、教えてくれてありがとう。
「過去は変えられないけど、まえを向いて歩こう」。
今のオットが、言ってくれた言葉です。
                        泉より。
P.S.
私の両親も、子供たちに会いたがっています。神様へのお願い、届くといいな。







posted by izumi at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | izumiのヒストリー

2011年07月10日

逆境を乗り越えると、笑って話せる。「なぜあの人は逆境に強いのか」(著者 中谷彰宏 ダイヤモンド​社)

 
「なぜあの人は逆境に強いのか」(著者 中谷彰宏 ダイヤモンド​社)
こうして、自分史を語れるのも逆境を乗り越えたからだよと、
この本からメッセージが伝わりました。
日本の引き戸は、外人さんには壁に見えてしまします。
私も、もう出口がない、壁にぶち当たったとあきらめてしまいがち​です。
あきらめずに、夢中で進んできたら、
引くことを、アドバイスしてくれる出会いがあります。
壁ではなく扉だったのです。
引いてみたら、道が開けています。
これを読むと、自分の歩んできた道も、積極的に愛せます。
私のできることは、元気な人を元気にすること。
「おもしろアート塾」で
ものの見方の視点を変えるとハッピーになるエッセンスを注入していきたいです​。

                                               泉より。
P.S.
あなたに出会えて、ずばずばアドバイスをもらって、トラウマを乗り越えられました。
ありがとう。 
posted by izumi at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書レポート

2011年07月09日

桑田さんが、私の記憶になっていえてほしい。(NTTドコモのCM)

桑田佳祐さんのファンです。
もちろんデビューから。

今も、NTTドコモのCMに出ています。
そのたび「キャー桑田さん」です。
オットは、あきれ顔。
4歳の娘もです。

「ママ、ベイベーでてるよ」
当時も、9歳の息子が教えてくれました。
今はもう、19歳ですね。
テレビに桑田さんが出るたび、あの時の息子の声も聞こえてきます。
覚えていてくれるかな。
桑田さんがテレビにでると、ママを思いだしてくれるかな。
今も、一途に好きですよ。
                        泉より。
P.S.
一緒に、コンサート行こうね。
                        


         

posted by izumi at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | izumiのブログ

2011年07月08日

小麦粉の匂いをかぐと、子供のころの思い出がよみがえる。

私は、川越の製麺工場の娘で育ちました。
家には、いつも小麦粉の匂いが立ち込めています。

夏、この季節のなると、乾麺のそうめんを買ってきます。
袋を開けると、あの懐かしい小麦粉の香りがします。
賑やかな食卓。
従業員さんが住み込みでいました。
10人での食卓。
毎日、うどんを食べます。
お父さんが、大好き。
将来は、お父さんとうどん屋さんになる。
どんな背広を着た立派な大人より、白衣で粉だらけの父が自慢だ。
工場が私の遊び場。
学校給食を、朝早くから作る父。
「自分の子供たちが食べるものを作る。だから、その日の朝、作る」。
絶対に作り置きはしない。
今も、その信念は変わらずだ。
4人きょうだいの末っ子。
6つ離れたお兄ちゃん。
頭のいい姉二人。
「お父さんとうどん屋さん」の夢はかなわない。
気づくのに、そう時間はかからなかった。
だから、小麦粉の匂いは、切ない思い出が詰まってます。
お父さん、今も、大好きです。
                     泉より。

P.S.
あなたの思い出の匂いは、どんな匂いですか?


posted by izumi at 07:43| Comment(0) | TrackBack(0) | izumiのブログ

2011年07月07日

作家と言いきってしまったら、楽しくなった。

ずっと自分史が書きたくて、ヤフーのブログで書いたりもしていました。
けどしっくりきません。
中谷彰宏さんの作家塾にもかよいはじめました。

なかなか、一歩踏み出せないでいました。
本にしようと思うから、肩に力が入ります。
いいものにしようなどと考えてしまうからです。
妄想日記のように楽しんで描けばいいのです。
あたしくつくった名刺に「作家」と入れました。
そして、フェイスブックでも
「フェイスブック小説家」としてプロフィールにのせました。
ご存じのとおり、フェイスブックは顔がでてます。
今までのアバターのブログとは違います。
どこまでセキララに描けるか、楽しみになってきました。
こちらをクリックしてお気に入りにしてね。

http://www.facebook.com/izumi.art




                                             泉より。
P.S.
フェイスブックで、まってますね。このブログも『いいね』ボタンがあります。ぽちっとね。

2011年07月06日

宇宙を描いたら、悩みが小さく感じた。「宇宙のガラス絵」

140億光年の宇宙を、俯瞰してみました。
なんと、自分は、小さいものかと感じます。
小さな透明な板に、宇宙を生まれさせます。
星を描いて、銀河を描いて、ブラックホールまで描いて。
ここには、M78星雲があって、ウルトラマンがいて。
もう、自分が宇宙の中に入ってしまいました。
楽しいの何の。不可能なんて創造の世界ににはないのです。
自分も描き終わったら、現実に戻るのまで時間がかかりました。
あまりに、爽快だったので
「宇宙のガラス絵」を、おもしろアート塾でやることにしました。

まずは、ブリッジコーポレーションでやります。
                                泉より。
P.S.
一緒に、バルタン星人をやっつけに行きませんか。

2011年07月05日

コツコツとアート塾をやって一年。@ブリッジコーポレーション

おもしろアート塾@ブリッジコーポレーションが、もうすぐ一年になります。
半年くらいは、ブリッジのメンバーだけでした。
1人でも生徒さんがくればいいなと、試行錯誤しました。
こころよく、仕事中にアート塾をやってくれるブリッジメンバー。
申し訳ない気持ちのときを何度も過ごしまました。
今年に入って、中谷塾友のさえちゃん。
阪口さん。
嬉しかった。
今回は、シオポンに臨床アート勉強中の窪田さん。
賑やかになってきました。
それぞれが、いろの世界に入って、集中です。
自分も楽しくて写真をとるのも忘れてしまいます。
出会いがつながって、今がありますね。あきらめないで良かった。
1人も生徒さんがいないなか、やってくれるブリッジメンバー。
感謝です。
                                         泉より。
P.S.あなたがいてくれたから頑張れました。
posted by izumi at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | izumiのブログ

2011年07月04日

ipadとスマホは、とにかく触ってみる。

スマホにやっと慣れたと思ったら、今度はこの子。
iPad2。
いじくってるとあっという間に時間がたってしまいます。
とにかく、フェイスブックも、いじくりながら覚えました。
まだまだ発展途上ですけどトライして行きます。
生き物です。
Ipadも。

仲良く付き合っていきたいです。
                                               泉より。
P.S.
あなたの背中が見えなくならないように。
posted by izumi at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | izumiのブログ

2011年07月03日

オリジナル団扇に描いて暑さにマケズいこう。

おもしろアート塾@新宿ももうすぐ一年になります。
7/4は、団扇に描きます。
自分も、色の世界に入って集中したら、すっきりしました。

節電の夏。
オリジナル団扇に気持ちを描いて
心も脳も涼しくさせましょう。
                        泉より。
P.S.
あなたの団扇も見てみたい。次週は「宇宙のガラス絵」です。
posted by izumi at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | izumiのブログ

2011年07月02日

アイディアは新鮮なうちに、A6ノートに保存して時間をもらう。タイムリッチクラブ勉強会(フェイスブック)

フェイスブッでの勉強会「タイムリッチクラブ第1回」に行ってきました。
講師は「日本人のためのフェイスブック入門」の著者、松宮義仁先生です。

フェイスブックの使い方ではなく、
シンプルに思考を置き換えることで、時間が手に入る学びでした。
こんなにデジタルの時代なのに、
やっぱりアイディアは、手書きで考えるということです。
スマホも手のひらサイズなら、A6ノートも手のひらサイズ。
両方を使って、思考をシンプルにしていくのです。
書くことでイメージがわいてきます。
頭の中に地図が描けますね。
今の私の頭の中は、洗い物が溜まった台所です。
ひとつづつ洗っていくと、もやもやもすっきりしてきます。
洗いながら手を使ってるのでヒラメキがあったりします。
一気に洗ってくれる、自動食器洗浄機は、時間ができます。
時間ができて、今までより多くのことがこなせるようになります。
自分も頭のごちゃごやが消えて、タイムリッチになるのではと。
そんな夢を抱いて、モレスキンのA6ノートを買いました。
図に書いていく方法は、3日坊主の私にぴったりな感じ。
フェイスブックが無料の顔の見えるて、誰とでも出会えるどこでもドア。
A6ノートは、脳が目覚めるヒラメキ手帳。
ipadはなくなっても、1000年後もずっと残っていますね。
                            泉より。
P.S.
そう考えてあげてみると、オットしか読めない松永メモには、ドラえもんでもお手上げね。
posted by izumi at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | シンプルマッピング