2011年07月14日

振り向いて欲しくて、過ごした日々だった。

22歳でお見合い結婚を決めたのは、笑顔に一目ぼれしたからです。
誠実そうな態度と、素朴な感じ。
それまでのオトコノヒトとは正反対だったから。

無口で、「弁当、風呂、寝る」しか話さないあなた。
10年間で、あとどんな会話したっけ。
私が、ネットワークビジネスにはまっても。
ママさんバレーに行くって言っても。
「おれにはかんけーねぇ」
のひと言。
そんなお笑いも、はやりましたね。
振り向いて欲しくて、気が付いたら子供が3人になってました。
けど、何もあなたは、変わらなかった。
余計に家にいなくなった。
消防団にパチンコ。
もっと私を見てほしくて、同居をやめて一軒家を買いました。
ぶっきらぼうだから上手にお話できなかっただけなのに。
欲しいばかりで窮屈な思いをさせたのですね。
喧嘩も会話もなくて。
お互い、結婚することに焦ったのですね。
好きになることは、思いあうこと。
それに気づいたのは、ずいぶんあとです。
ずっと、あなたを責めてた。
振り向いてくれない冷たい人って。
10年たって、あなたが再婚しないでいてくれること。
それは、子供たちのことを思ってのことなんですね。
私は再婚して、気づきました。
あなたの結婚生活は、お互いどうしていいかわからないまま。
子供ができてしまって。
二人の愛をはぐくむ時間がありませんでした。
もっと喧嘩して、夫婦になかを深めておけばと。
噛みあわなかったですね。
あなたが嫌いで浮気をしたんじゃないの。
振り向いて欲しかったの。
やきもちやいてほしかったの。
なぐってほしかった。
探偵つけるまえにね。
それも、あなたのやさしさだったのですね。
そろそろ、いいひとがいるのなら再婚してくださいね。
子供たちを、立派に育ててくれてありがとう。
さみしがり屋の私は、一人を貫けませんでした。
あなたの強さに、今きづけました。
                         泉より。

posted by izumi at 02:59| Comment(0) | TrackBack(0) | izumiのヒストリー

2011年07月11日

バックトゥザヒューチャーで、あの時に戻っても過去は変えられない。

タイムトリップして、あの時に戻って、過去を変えられたら。
「バックトゥーザヒューチャー」の映画を見ると、思いを募らせます。

私が18歳で足利銀行に入った時から決まっていた。
取引先の息子さんとお見合いして、結婚して、子供が三人できて離婚して。
同じ道をたどっても、もう一度出産して子供たちを抱っこしたい。
だけど、離れてしまう。
過去は変えられないから。
早くに離れてしまった。
成長を見届けたかった。
今は、前のオットとその両親に感謝している。
元気でいるのを、写真で知りました。
今のオットが、興信所に頼んでくれました。
どこの高校に行ってるかと、写真だけでもと依頼してくれたのです。
大きくいなった、あなたたちは、まぶしかった。
短い間、あなたたちを育てた思い出は、色あせていません。
生まれてきてくれて、ありがとう。
子供たちを、育ててくれてありがとう。
嫁の大変さを、教えてくれてありがとう。
「過去は変えられないけど、まえを向いて歩こう」。
今のオットが、言ってくれた言葉です。
                        泉より。
P.S.
私の両親も、子供たちに会いたがっています。神様へのお願い、届くといいな。







posted by izumi at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | izumiのヒストリー