2011年06月24日

ダンスのレッスンは、日常のしぐさの癖を知ることだ。

久しぶりにダンス復活しました。

バタバタ歩くのをいつも気をつけるようにと、花岡先生に毎回アドバイスを受けます。
ペットボトルを、オットに渡す時も、ソムリエになったように渡す。
バタバタ感が、顔に緩みを与えてしまう。
頭の先から背中、つま先まで、テンションキープしてみる。
鏡をみたら顔が引き締まった。
すっと歩ける。
花岡先生は、
「顔にが緩んでるひとにできる人はいない」。
と、教えてくれました。
ダンスを踊るときだけ、エレガントになんてできない。
ステップなんて知らなくても、日常から気をつけていれば踊れる。
そう言えば、中谷先生も、立ち姿が美しいです。
人前に立つときだけやろうと思ってもできません。
何気ない日常がレッスンなんだなと感じました。
ダンスもアートもうまくを目指すののではなく、どれだけ自分と向きあうか。
つながりました。
                           泉より。
P.S.
あなたの立ち姿も、見入ってしまいます。

2011年05月29日

姿勢がいいとほめられるのは、ダンスレッスンのおかげ。

facebookのプロフィール写真が、『姿勢がいい」と、ほめられました。
しかも、昔カメラマンだった方にです。
花岡ダンスギャラリーに通って二年くらいです。
途中休み休みの中、今も休業中ですが、こんなふまじめな生徒でもです。
まったく知らない方から、ほめてもらったのが、嬉しかった。
レッスンでは、ステップより、ポスチュヤー(立ち姿勢)を、徹底的に直されます。
いまだにステップは、よくわかりません。
花岡先生流の教え方です。
テクニックでステップができても猫背では、格好がわるいのです。
とにかく、ストレッチと、つま先立ち。立ち位置組み方を厳しく直してもらえます。
もちろん歩き方も、です。
絵に例えると、どんなに林檎の外身を上手に描けても、描いたことにならないのです。
じっくり見ることが、できていなければ、描いたことにならない。
目に見えない林檎の身まで見て描く。
色を重ねると重みのある林檎になるように、
ダンスもコツコツ、積み重ねが大切なのですね。
まだまだ、奥の深いダンスレッスン。
どこまで上達したかわからないけど、写真の姿勢で成果が出てよかった。
ずっと、練習をつづけていきたいと、モチベーションが上がりました。
                           泉より。
P.S.
2月の、ダンスパーティのフォーメーション。トッシィと組み、踊りきりました。
きつかったけど、一番カラダに入りました。あなたのダンスデモもまた、楽しみです。