2011年07月10日

逆境を乗り越えると、笑って話せる。「なぜあの人は逆境に強いのか」(著者 中谷彰宏 ダイヤモンド​社)

 
「なぜあの人は逆境に強いのか」(著者 中谷彰宏 ダイヤモンド​社)
こうして、自分史を語れるのも逆境を乗り越えたからだよと、
この本からメッセージが伝わりました。
日本の引き戸は、外人さんには壁に見えてしまします。
私も、もう出口がない、壁にぶち当たったとあきらめてしまいがち​です。
あきらめずに、夢中で進んできたら、
引くことを、アドバイスしてくれる出会いがあります。
壁ではなく扉だったのです。
引いてみたら、道が開けています。
これを読むと、自分の歩んできた道も、積極的に愛せます。
私のできることは、元気な人を元気にすること。
「おもしろアート塾」で
ものの見方の視点を変えるとハッピーになるエッセンスを注入していきたいです​。

                                               泉より。
P.S.
あなたに出会えて、ずばずばアドバイスをもらって、トラウマを乗り越えられました。
ありがとう。 
posted by izumi at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書レポート

2011年06月18日

大勢集めようをやめるから、1人の人を大切にできる。(「35歳までにやめる60のこと」中谷彰宏著 成美文庫)

今、答えが欲しい時、中谷先生の本が答えを出してくれます。
「35歳までにやめる60のこと」成美文庫が、「しなければならない」から解放してくれました。

アート塾を始めたころ、
「いくら儲かる、何人生徒が来れば、これをやらなきゃダメ」に縛られていました。
1人の生徒さんがなかなかきません。
中谷塾友の、トッシィにお願いしました。
「おもしろアート塾」を勉強のため、やらせてほしい。
快く引き受けてくれたのです。
「一緒に成長できる仲間だから」と言ってくれたのがうれしかった。
お金はいらなかった。
仕事の合間を縫って、アート塾を楽しんでくれるブリッジコーポレーションのメンバー。
彼たちに会えるのが楽しみになった。
それは、今も気持ちは変わらず、どんどん高まっています。
いま、阪口さん、さえちゃんと、1人づつ毎月来てくれてます。
それだけで嬉しい。
焦らず、コツコツを、一緒に成長してくれる仲間が教えてくれました。
1人で始めたアート塾、オットを始め、おおくの仲間に支えられてます。
その笑顔のために、道を楽しんで生きます。
                              泉より。
さえちゃんも、阪口さんも、中谷塾で厳しく学んだ仲間なのです。
あなたもね。これからもよろしくお願いします。
posted by izumi at 07:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書レポート

2011年06月13日

電車で、隣の人も一緒に読もたくなる中谷本。「キスは、女からするもの」Gakken

中谷彰宏さんの本は、新刊がでると必ず買います。
「キスは、女からするもの」から、元気をもらいました。

恋愛は、待っていてはだめ。
仕事もね。
いつもトライですね。
うだうだして自分が、いました。
中谷本は、元気になる特効薬です。
池袋から川越まで、味わって読みました。
隣の人も覗き込んでたのが、面白かった。
東上線に乗り合わせた人も
ハッピーにするって中谷マジックすね。
                           泉より。
P.S.
はす向かいの女性も、ブックカバーにくぎ付けでした。
カバーはしないで読むのが中谷本のよみかたです。



posted by izumi at 01:02| Comment(0) | TrackBack(1) | 読書レポート

2011年05月18日

大切な人に読んであげたい、本に出会えた。(「憲法がしゃべった。」木山泰嗣さん著 すばる舎リンケージ)

「憲法がしゃべった」(弁護士の木山泰嗣(きやまひろつぐ)さん著)
が、おもしろかった。
「憲法」といえば、
堅苦しいのと、熟語の連続な文で書かれているイメージがあります。
この本は、違います。
本当に日本国憲法が、話しかけてきます。
しゃべってるんです。
普通に生活できるのは、憲法に助けられているんだなとかんじました。
日本は自由な国であることがよくわかりました。
【表現の自由】どんなことを発表してもいい自由です。
だから、こうして妄想日記も書けるのですね。
木山先生が、憲法を愛しているから、分かりやすく書いてある。
何といっても読みやすいのです。
夜、娘に読み聞かせています。
                         泉より。
P.S.
きっと、あなたも気にいってくれる一冊です。





posted by izumi at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 読書レポート

2011年04月08日

読むと勉強が楽しくなる「勉強のススメ」

石井貴士さんの本に、ハマっています。
中谷塾で、本人のお話を聞くことができました。
著書にサインまで、していただきました。
嬉しい。
石井さんの本を読むと、勉強がしたくなります。
「勉強のススメ」
まずは、お薦めです。
読むと、どれもこれもやってみたくなります。
目に留まったのが、「サクセスパーソナルカード」。
五年後の自分を思い描き、二つの肩書きを名刺に入れる。
それを持ち歩て、異業種交流会に出る。
これは、チャレンジしてみたい。
この一冊に勉強を楽しむ方法が、ぎっちり詰まってます。

izumi
ps:「人生は変えられる」と、サインしてもらいました。
人生は自分の行動次第で、どうにでもなる。
そんなメッセージが伝わってきました。


【izumiが読んだ、石井貴士さんの本】
「1分間勉強法」「勉強のススメ」「成功する人が持ている7つの力」「1分間世界史」
1冊読むと、いもずる式に読みたくなります。




posted by izumi at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書レポート